横浜・野毛『横浜RODA & Choro Live』4/29(日)19時〜



やってきました。2回目の横浜ホーダの日。
今回は、サックス・浅川宏樹(ヒロキーニョ)と、私バイオリン・オコシエリコの2人ソリスト。
ヒロキーニョとは、一緒のショーロライブは初めてです。
パンデイロ・白井君。前から知ってるけど白井君とも一緒のショーロライブは初めてかな?
7弦ギターは前回に引き続き、頼れる兄貴、高田さん。
カヴァッコはいつも一緒にいてくれる田崎陽子(キャディ)さん。

フライヤーは私が作りました。ブルーホーダ(BLUE RODA)、今回の浜ホーダのイメージのイラストです。
文字が入っちゃって見えにくいけど、ほんとは真ん中SAX、左下バイオリン、右下からギター、カバコ、パンデイロが連なってある感じで、
バイオリンの凹部分が鳥のクチバシっぽく見えたので、バイオリン半分はブルーバードを意識して描いて、花を添えました♪







今回、私が最初予定してた選曲が、楽器の都合でヒロキーニョと合わなかったりして
どうしようかな、…と、やや不安な横浜ホーダでしたが、(前回変なオジサンとか困った人きたしね…)

ライブでは、私がやらないことをやってくれるヒロキーニョが左側にいて、
私の右隣には高田さんがいて、前見れば白井君の顔も見れたし、キャディーさんは演奏中以外は笑顔だったし(笑)
細かい心配事はあったけど、安心して演奏できました(^^)。今回はオーナーもいたしね。
しかも後半ホーダってことで、パンデイロ西村さんや津田さん、バンドリンノビオさん、こうのすけさん、 ギター田辺さん。
楽器もって遊びにきてくれてたよく知ってる人たちがたくさんで、心強かったです。 皆聴くより弾きたいんだろうなーとか思ったけど…(笑)。
みなさん、ありがとうございました♪








ショーロの曲の詳細って、どうやって調べるんですか??
クラシックだったら音大の図書館で調べられそうなんですけど…と、先生に質問したことがあって、
「それは現地に行って作者か関係者に聞いてくるしかないんじゃない…?」と言われました。
それは私には無理だ、と思っていたところ、
なんとも解説らしいヒロキーニョの曲解説、とても勉強になりました(^^)
ヒロキーニョ何でそんなこと知ってる??ダレに聞いた??どこで調べてきた??ヒロキーニョの不思議…。






聞きに来てくださった方が、いろんな方が写真をとってくれたのですが、、、






↑この楽器写真!この日遊びに来てくれたお友達マダムが撮ってくれた写真なのですが、
素敵な彼女は素敵な食器を作る人で、みんなの楽器メインな写真、…って、
なんか目の付け所が違うな〜と、彼女のセンスを感じた写真でした(^^)。







演奏中、突然ヒロキーニョのSAXにとまった蝶。地震もあったりなライブでしたが…。

Proezas de solon、Cochichando、Um sarau para Radames、Perigoso、Um a Zeroなどのショーロのほか、
季節モノでカエルの歌、それと今回浜Roda用に作ってみたオリジナル曲BLUE RODA、
Um passeio no mar(海中散歩)などもやらせてもらえて嬉しかったです。



野毛のベルギービールの老舗、ルタンペルデュにて、おいしーいホワイトビール飲みながら
皆で楽しくショーロライブ&ホーダジショーロができました♪なんて贅沢なんだー。。
楽しかったですね。みなさん、ありがとうございました!
毎回恒例、メンバーの記念写真。 左から、白井翔太郎・田崎陽子(キャディ)・高田泰久・オコシエリコ・浅川宏樹(ヒロキーニョ)。





そして最後、






遠方からお越しの、高田さんの終電真近な時間までホーダが行われたのでした。(あ、途中から中川さん来てる…。)
お疲れ様でしたー!!また浜ホーダやりましょう♪
大堀さん、ノビオさん、とーるさん、西村さん、写真ありがとうございます!(^^)




2012.4.29 オコシエリコ(Vln)