Passeio no Mar
♪試聴できます→『um passeio no mar』 
Music by eM-family 

 《P&Vln&Perc・ERIKO /EG・マンチャン>

um passeio no mar。海の散歩。海中散歩のイメージ。

まずピアノで作ったけど、頭では7弦ギターだったらここまで低音でるかな、とか、
ここはバンドリンがバイオリンとメロとって…とか、
ショーロの仲間たちでいつかできたらな〜♪!
なんていうイメージをぽわーんともって作っていました。
でもとりあえず、これはエレキとストリングスの重ね録りです。
6月のらえぽえコラボ曲。


海の中の話。
クラゲや海藻や小魚たちがたくさんいる海の話。
もっと深い海の底の話。
恋人と一緒に海中散歩をする。。。

誰にもジャマされない、私達だけの世界。
私達だけの秘密の時間。
気が遠くなりそうな水の圧力の中で、
あなたのいる気配だけを感じられるような、そんな世界。

この中でだけ、
私達は自由な私達でいられる。
あなたは私を受け入れてくれる。
私はあなたを受けとめられる。
私達は、私達を閉じ込める。


深い海の中は、どれだけ私を心地よく包んでくれるのだろうか…
私は安心するんだろうか。
それとも、不安になるんだろうか。。

私は、海が好きだったんだなって、気が付いた
海の絵。

絵に描いてあるポル語は、日本でポルトガル語を教えていらっしゃる素敵なブラジル人女性、
マリさんに訳してもらいました。
一応自分でも調べたり、友達にきいたりして訳してみたんですが、
必要な単語だけっていうか、…言葉が生きてない感じになってしまうんですよね。

eM familyのアルバム「Quiet Lady Blue」でも私は3曲歌詞を書いて、
これは歌の都合上、全部言葉を英語にすることをきめていたので、
英語辞書とにらめっこ作業がかなりありました。
あと、日本語での表現を英語に直したときに、そのニュアンスがどうでるのかっていうことに
相当時間を費やした気がします。
最終的にアルバムに歌やポエムリーディングで参加してくれたジーナにチェックしてもらって
一緒に決めていった感じでしたが、…一人ではやはり難しいです!

日本語の微妙なニュアンスを外国の言葉にするには、
とてもハードルが高いことだな、と今回も実感しました。
でも、
とても面白い。
今後も皆さまのお力添えをいただき、挑戦していこうとおもいます♪
どうぞよろしくお願いいたします(^^)。

ERIKO OKOSHI 2011年度卓上カレンダー 5月のイラストです。

2010.8 ERIKO